Windows Vista SP2でデフォルトゲートウェイが保存されるようになった

Windows Vista SP2をインストールしてから、デフォルトゲートウェイが保存されなくなっていたが解決した。
答えてねっと for Business
で書かれているように、SP2でレジストリの値が書き変わっていたようだ。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{xxxxxxxxxxxxxxxxxx}

のDefaultGatewayの値が1行目が空行、2行目に設定値になっていた。
1行目を削除して再起動すると、デフォルトゲートウェイが保存されるようになっていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク